*

クロージングを担当するページと集客を担当するページの違い。ユーザーをクロージングするページに長い文章は要らない。

クロージングという言葉は一般的では無いのかもしれませんが、
営業などでは、お客様に様々なプレゼンテーションを行い
最終的に購入や契約を決断させることを
「クロージング」と言っています。

ウェブサイトにも、
クロージングをするページ、
集客をするページ、
追体験をしてもらうページ、
信頼を得るためのページ、
など様々な役割を持ったページが存在します。

例えば、今見ていただいてるこの記事は、
基本的に集客をするページです。
というか、このサイトには、
集客をするページしか、基本的にありません。

このサイトの話は、置いておくとして、
貴方のサイトのページには、どこが集客をするページで、
どこがクロージングをするページなのかがすぐにわかりますか?
そして、意識的にコンテンツをしっかり分けているでしょうか?

————-

SEOアドバイザーズ.com「Facebookページ」にご参加下さい。
いいね!をして頂くと、更新情報の受け取りが簡単になります。

————-

WEBで集客を考える時、例えば、私が集客を考える時、
今書いているように、テキストベースで集客ページを作成します。

それは以下の理由があります。

集客ページをテキストを基本にして作る理由

1、テキストベースで記事を作成することで、検索エンジンから細かなキーワードでの集客を期待できる。

2、自分自身の能力の内、文章でのコンテンツ作成が一番品質の高いコンテンツを作れるから。

3、品質の高いコンテンツを提供することで、さらにソーシャルなどでの拡散を期待できるから。

つまり、記事の作成は、検索からの流入の増加と、
良質なコンテンツを作れる方法論、そして拡散を期待できる方法論として、
テキストを使いコンテンツを作成している、ということです。
もしあなたが文章より写真に自信があったり、動画を取るのが好きである、
という事であれば、得意な方法でコンテンツを作ることがサイトの集客力を強めることにつながるでしょう。
いいコンテンツさえできれば、ユーザー側もコンテンツを消費し、
いいね!やツイートを残し拡散を手伝ってくれます。

クロージングを担当するページに必要な要素

翻って、クロージングをするページの役割は、「ユーザーを顧客化すること」の1点です。
ですので、ユーザーとの関係性や集客性などを考えるより、
どうやって「ユーザーを顧客化するか」に焦点を当てるべきページ、という事です。

しかしなぜこの記事のタイトルにあった、
「長い文章は要らない」という事になるのか?と言うところに疑問を持たれるかもしれません。

現状として、ネット全体の情報量の増加、スマホの普及により、
サイトの滞在時間がどんどん短くなっています。
クロージングをするページであれば、集客するページとは違い役に立つわけでもないので、なおさらです。

サービスを利用するのか、しないのかは5秒で判断される

クロージングを担当するランディングページを作る際、
私は「初めてアクセスしたユーザーに5秒でベネフィット(利点)が伝わるか?」
を最重要のポイントにします。

実際に、3ヶ月間ランディングページとしてPPC広告に出稿していたページを調査したところ、
約2万のモバイルからアクセスの滞在時間の平均が24秒、という事でした。
(PCからはさらに下がっていましたが)

つまり、24秒以内に、「ユーザーを顧客化」しなくてはいけないという事は、
5秒程度で、
そのページに掲載されたサービスがユーザーに、
「どんなもの」で「どんな利点があり」、
「どういう結果をもたらすか」
を伝えなくてはいけないという事です。

5秒で上の内容を伝えるには、文章は不向きです。
しっかりと読み込む必要がある文章(テキスト)は、
5秒ではその力を発揮できない可能性が高いのです。
やはりしっかりと練り込まれたイメージ画像や、
動画などの一瞬でも提供できる情報量の多い要素を使う必要があるのです。

もしあなたのサイトのクロージングを担当しているページが、
文章を基本としたものであるなら、
これから更にネットの情報は増え、そういったコンテンツにおける
ユーザーの滞在時間は短くなることが予想されるので、改善が必要かもしれません。

さらに顕著化する状況に対応するためにも、文章より短い時間でより多くの情報を提供できる、
イメージの作成や動画などを、しっかり設置し検証していく必要があるわけです。

 

SEOアドバイザーズ.com「Facebookページ」にご参加下さい。
いいね!をして頂くと、更新情報の受け取りが簡単になります。

関連記事

no image

時代遅れのSEO対策|こんな方法に頼っていませんか?

SEO対策とひと言でいっても、様々な方法論がネット上では流布されています。 外部施策は、既にペナル

記事を読む

no image

GOOGLEキーワードツール終了のお知らせ(予定)

グーグルのキーワードツールに、将来的(数か月内)につかえなくなるとのお知らせが。 と言って

記事を読む

no image

google検索エンジンを導入したYahoo! japan

2010年の7月にヤフーは検索エンジンとして、グーグル検索を採用することを発表しました。 2013

記事を読む

web on tv

サイトの最適化の対象は「検索エンジン」から「社会」自体に対して、になりつつある件

このサイト(SEOアドバイザーズ.com)では 検索エンジンに対してサイトを最適化する、SEOをテ

記事を読む

nayami

WEBでのビジネス展開におけるSEO対策の優先順位と欠点

このサイトはSEO対策を中心にした情報を掲載しております。 そんなサイトだからこそ、SEO対策の欠

記事を読む

検索順位の急降下

恐怖。1位から2ページ目へ急降下。体験から見る検索アルゴリズム分析

グーグルには年間500を超える新しいアルゴリズムが導入されています。 中には多くのウェブマスターに

記事を読む

レッドカード

検索エンジンのペナルティ要因、要因疑い例など40項目|検索順位の突然の下落!の原因判定方法を追記

検索エンジンのペナルティ(手動対応)について、 ウェブマスターツールを通して確認ができるようになる

記事を読む

SEOとSNS

SNSとSEO|SNS運用における実際の2大パターン

フェイスブックやツイッターなどのSNS。 WEBをビジネスで活用する上でSNSは重要だと多くの方が

記事を読む

twitter_facebook

ツイッターとフェイスブックのソーシャル拡散する記事や内容の属性の違い

「拡散しやすい(シェアされる)記事ってどんな記事なの?」 というご質問をクライアントさんからよく頂

記事を読む

リンクの多様性

「リンクの多様性」の分析。リンクの多様性は、リンク自体の多様性だけではない。

リンクの多様性。それは、今のSEO対策の重要なキーワードの一つ。 ただ、個人的には、「リン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

SEOとSNS
SNSとSEO|SNS運用における実際の2大パターン

フェイスブックやツイッターなどのSNS。 WEBをビジネスで活用する

kakusan
ジャンル別、拡散した記事のタイトル20個から見えてくる【バズるタイトル】の特徴など

あなたが運営するサイトのコンテンツは、 どんなジャンルで、どんなソー

SNSとリンク
SNSとリンクの獲得|検索結果に影響するリンクの整理。

SEMリサーチより Google「Twitter や Faceb

settoku
クロージングを担当するページと集客を担当するページの違い。ユーザーをクロージングするページに長い文章は要らない。

クロージングという言葉は一般的では無いのかもしれませんが、 営業など

文章技術
教えたくない、と思うほど役に立つ文章技術「ギャップ法」|コンテンツSEO(マーケティング)ノウハウ

私は、コンテンツSEOを行うに当たり、 文章を書く技術は非常に大事で

→もっと見る

  • いいね!で更新情報の受取りが簡単になります。

PAGE TOP ↑